知っているようで知らないコラーゲンはすでに皮膚に存在している

よくコラーゲン、コラーゲンというワードをテレビなどで耳にすることがあります。

パッと聞くとコラーゲンというのは、あのプルプルの成分の事だろうな…というのは、なんとなくわかりますが、実際にコラーゲンというのは、どのような成分なのでしょうか?

コラーゲンというのは、よく生コラーゲンとか、普通にコラーゲンとかというのを耳にしますが、生コラーゲンもコラーゲンも基本的には人間の皮膚に普通に存在している成分です。

また成分といっても難しい成分ではなく、タンパク質の一種で皮膚とか筋肉とかにも含まれていて、ハリや弾力などをキープするためには欠かせない成分なのです。

だったら最初から含まれているのなら、特に外から摂る必要もないのでは?

たしかにそう思われるかもしれませんが、コラーゲンというのは通常、たしかに人間の皮膚などに存在している成分なのです。

ですがこの含まれている量が悲しいかな、年々減っていくという現実も、同様に持ち合わせているのです。

そこで最近コラーゲン入りのコスメというのが、たくさん登場してきており注目を集めていますが、コラーゲンは角質層までは届きますが、その奥の真皮層には届きません。

ですが角質層に潤いを持たせることで、真皮層にも影響を与えようとしているのです。

生コラーゲン情報マトメによると、さらに最近は、より角質層に潤いを与えるべく、皮膚と同じ3重螺旋構造になっている生コラーゲンなども登場しており、密かに注目や人気を集めているのです。